診療内容
  ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

しみ(老人性色素斑)

しみ(老人性色素斑)
老人性色素斑(しみ)

年齢とともに皮膚のメラニン色素を排出する機能が衰えて、色素が溜まった状態です。

コイン状の境界線のはっきりした孤立したしみが多く、ベージュ色から濃い茶色までいろいろなタイプがあり顔や体のどこでもできます。

レーザー治療

色の濃さや厚さによってピコレーザー、Qスイッチルビーレーザー、短パルスルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザーを組み合わせます。ほとんどの場合1回の治療できれいになります。


レーザー治療の流れ

診療(予約不要)

診療は予約不要ですので診療時間内に受付を行ってください。
レーザー治療は診療後すぐに治療できます。

レーザー照射

レーザー照射

1ヶ所数母湯の治療ですが、ゴムで強く弾いたような痛みがあります。
麻酔は不要。麻酔クリーム希望の場合は別途料金がかかります。

レーザー照射後

治療箇所にテープを1週間貼って保護します。直後はヒリヒリ感が続きますが30分程度で治まります。
洗顔・お化粧は通常通り可能です。

1週間後に来院

医師がテープを取ります。この時点でシミはカサブタのような黒色の皮膚が取れ、ピンク色の皮膚になります。
その後、1ヶ月間は紫外線防止のため同じようにテープを貼ります。
メラニン色素の合成を抑えるため、ハイドロキノンクリームをテープの上から毎日塗ります。
テープは3日に1度貼りかえます。剥がす刺激は少ない方がいいので毎日貼り替えません。

1ヵ月後に来院

テープは中止します。ピンク色の肌は徐々に薄くなっていきます。
ハイドロキノンは場合によって継続します。
しみの性状や肌質によってはレーザーによる色素沈着が起こることがあります。色素沈着は3~6ヶ月後で徐々に薄くなっていきます。

治療費(税別)

当院で使用するレーザー


症例写真

症例写真

フォトフェイシャルm-22

小さなしみがたくさんあるタイプにはフォトフェイシャルm-22も有効です。
フォトフェイシャルの新型フォトフェイシャルm-22は肌質に合わせた細かな設定ができ、皮膚に 余分なダメージを与えず徐々にしみを薄くしていきます。

フォトフェイシャル治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

診療は予約不要ですので診療時間内に受付を行ってください。
カウンセリング後、フォトフェイシャルご希望の場合は予約をとって帰宅。

治療当日(予約制)

予約時間の10分前までにお越しください。

Step1.洗顔

Step2.ジェル塗布

光からお肌を保護し、機器の滑りをよくするために専用ジェルを塗ります。

Step2.ジェル塗布

Step3.照射

お肌に光を照射していきます。ピリピリする痛みはありますが麻酔は必要ありません。
気になる部分は念入りに照射します。

Step4.クーリング

Step5.メイク

お化粧はいつも通り可能。日焼け止めをしっかり塗ってください。


治療後、しみ・そばかすが軽く反応することがありますが、約1週間で落ち着いていきます。
回数を繰り返すことで徐々にしみやそばかすが薄くなります。
しみの種類や肌質によっては効果が出にくい場合がありますが、レーザー等の他の治療と併用することで効果を上げることができます。

治療時間30分
治療回数3週間毎に5回が基本。その後、症状に合わせて適時
治療費(税別)

症例写真

メディカルエステ

お肌のターンオーバーを改善しコンディションを整えてゆっくりしみを薄くしていきます。
お肌の状態に合わせてコースを選択できます。