診療内容
  ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

乳房縮小(保険適用外)

乳房縮小(保険適用外)

胸が大きすぎて邪魔、肩がこるといった方の乳房を小さくします。
また、乳がんで乳房再建を行った時、反対側の乳房が垂れて大きい場合に、左右を揃えるために乳房縮小手術を行うこともあります。
乳房手術のエキスパートで1万人以上の乳房形成手術の経験のある南雲吉則医師の治療が岡山で受けることができます。

手術法

大きく垂れた乳房を引き上げたい(ボリュームを減らしたい)

乳房の皮膚と乳腺の一部を切除して引き上げて乳房のボリュームを縮小します。乳輪の位置を上に移動させるため乳輪の下に白い線上の傷が残ります。

乳房再建後、左右差のある乳房の大きさを揃える。

乳房再建(保険適用)後に反対側の縮小を行うことでバランスを整えます。

診察の流れ

1. 河田院長のカウンセリング(予約制)を受けていただきます。
2. 診察後、南雲医師診察(特別外来)にお越しいただく方は次回の予約をお取りします。
3. 南雲医師の診察では、超音波検査、デザイン、サイズ測定、手術内容の説明をします。
4. 手術予約

術後

通院翌日、3日目、5~7日目(抜糸)
入浴シャワーは3日後、入浴は抜糸後
仕事3日は安静が必要。仕事内容によってはその後仕事可能。
手術内容によっても異なりますので医師にご相談ください

手術費用(保険適用外)

乳房再建反対側片側約37万円(税別)
その他美容目的片側約40万円(税別)