診療内容
  ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

青いあざとは

皮膚のメラニン色素が深い層(真皮)にあるため青く見える母斑です。

種類

太田母斑(おおたぼはん)

顔の三叉神経という神経の周囲に出てくる青あざです。
ほとんどが生まれつきですが成人になって出てくるタイプもあります。
自然には消えることはありません。Qスイッチレーザー治療の適応で、数回の治療でほぼ完治できます。

異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)

赤ちゃんのお尻にある蒙古斑が体に出ている青あざです。
ほとんど生まれつきからあり2~3歳頃までに徐々に薄くなりますが、成人になっても残るものもあります。
Qスイッチレーザー治療の適応で、3回程度照射して薄くします。

遅発性太田母斑様色素斑(ちはつせいおおたぼはんようしきそはん)

両側の頬の斑点状のあざです。
20歳前後から出てくることが多く肝斑と間違えやすい色素斑で自然には消えません。
Qスイッチレーザー治療の適応で、3回程度でほぼ完治します。

治療

当院で使用するレーザー

Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザー

治療の流れ

診察(予約不要)

診察は予約不要ですので、診察時間内に受付を行ってください。
小さいものは外来ですぐ治療することもできますが、大きいものや麻酔が必要なものは予約をとって帰宅。

治療

1.治療部位を適時、冷却または以下のような麻酔方法があります
・テープ麻酔を使用する場合、治療の1時間前に貼って来院
・麻酔クリーム希望の場合、治療の1時間前に来院
・全身麻酔の場合は予約時間にお越しください

2.レーザー照射
 ゴムを弾いたような痛みがあります

3.治療後
 治療当日は赤くなり軽く腫れがでます。
 軟膏を塗布し必要であればガーゼ、テープを貼ります。洗顔は翌日から可能です。
 治療後1週間程度で薄い皮膚が剥がれていきます。