ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

遅発性太田母斑(ちはつせいおおたぼはん)

遅発性太田母斑とは

20歳前後から両頬に出てくる斑点状の茶色から少し灰色がかった母斑。

皮膚の深い層(真皮)メラニン色素が落ちている状態であざの一種です。肝斑に間違われることも多い母斑で斑点状にでることとまぶたにはないのが肝斑との違いです。
遅発性太田母斑のレーザー治療は保険適用です。

レーザー治療

レーザーで真皮のメラニン色素を徐々に薄くしていく治療を行います。時間はかかりますが6ヶ月に1度の治療を3~5回程度続けることでほとんどわからなくすることができます。
レーザー治療後、薄いかさぶたができ、1週間程度ではがれおちます。その時点では母斑の色に変化はありませんが数ヶ月かけて薄くなります。


レーザー治療の流れ

診察(予約不要)

診察は予約不要ですので診察時間内に受付を行ってください。
レーザー治療ご希望の場合は予約をとって帰宅。

当日(予約制)

予約の10分前に受付を行ってください。

治療回数約6ヶ月に一度3~5回程度
痛みゴムではじいたような痛み
麻酔麻酔クリーム
ダウンタイム1週間治療部位に薄いかさぶたができる
1か月後に色素沈着のため治療前より濃く見えることがある
治療後の経過①洗顔・化粧は翌日からこすったり刺激を与えないように注意してください
②U-Vカットのケアとハイドロキノンで治療部位のメラニン色素の合成を抑えます
③治療後1週間後と1ヶ月後に診察します
④1か月後に色素沈着のため治療前より濃くなっていることがありますが、ハイドロキノンで経過を見ます
⑤6ヶ月後に2回目の治療をします
治療費保険適用 3割負担で1回が約1万円程度


当院で使用するレーザー

Qスイッチルビーレーザー

症例写真