ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

しみ(老人性色素斑)

しみ(老人性色素斑)
老人性色素斑(しみ)

年齢とともに皮膚のメラニン色素を排出する機能が衰えて、色素が溜まった状態です。

コイン状の境界線のはっきりした孤立したしみが多く、ベージュ色から濃い茶色までいろいろなタイプがあり顔や体のどこでもできます。

当院の特徴
特徴1

レーザー指導医、専門医が
治療します。

特徴2

シミ、肝班、あざの鑑別診断を
正確に行います。

特徴3

レーザー、光、外用薬などから
適切な治療法を選択します。

特徴4

治療後のケアを
きちんと説明します。

レーザー治療

色の濃さや厚さによってピコレーザー、Qスイッチルビーレーザー、短パルスルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザーを組み合わせます。ほとんどの場合1回の治療できれいになります。


レーザー治療の流れ

診療(予約不要)

診療は予約不要ですので診療時間内に受付を行ってください。
レーザー治療は診療後すぐに治療できます。

治療時間1ヶ所数秒
治療回数通常1回のみ
通院治療1週間後1回のみ(必要であれば1か月後に検診)
痛みゴムで強くはじいたような痛み
麻酔通常不要 麻酔クリームを使用することあり(別途料金)
ダウンタイム1週間薄いカサブタができるのでテープを貼って保護します
治療後の経過①治療後1週間はテープを張ったままにしてください
②洗顔・お化粧はいつも通りにしてください
③治療後1週間後に来院してテープを取ります
 (この時点でしみはカサブタと一緒に取れてピンク色の皮膚になります)
④その後1ヶ月間、テープを貼るかテープ代わりのコンシーラでU-Vカットをします
 (コンシーラは取る時にこする刺激があるためテープをお勧めします)
 同時にハイドロキノンクリームを塗ってメラニン色素が出てくるのを抑えます
治療費(税別)1cm大 ¥10,000

当院で使用するレーザー


症例写真

症例写真

フォトフェイシャルm-22

小さなしみがたくさんあるタイプにはフォトフェイシャルm-22も有効です。
フォトフェイシャルの新型フォトフェイシャルm-22は肌質に合わせた細かな設定ができ、皮膚に 余分なダメージを与えず徐々にしみを薄くしていきます。

フォトフェイシャル治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

診療は予約不要ですので診療時間内に受付を行ってください。
フォトフェイシャルご希望の場合は予約をとって帰宅。

治療当日(予約制)

予約の10分前に受付を行ってください。
治療後、しみ・そばかすが黒くなることがありますが、約1週間でとれていきます。
回数を繰り返すことによって徐々にしみやそばかすが薄くなります。

治療時間30分
治療回数3週間毎に5回が基本。その後症状に合わせて適時
痛みピリピリする
麻酔不要
ダウンタイム施術後はしみが軽く反応しますが黒くなったりしません
治療後の経過①治療後、特別なケアは不要です。テープはしませんので洗顔、お化粧はいつも通り可能
②日焼け止めをしっかりしてください
治療費(税別)両頬 (5回まで)1回 \20,000 (6回目以降)1回 \10,000
顔全体(5回まで)1回 \35,000 (6回目以降)1回 \20,000

症例写真

メディカルエステ

お肌のターンオーバーを改善してコンディションを整えてゆっくりしみを薄くしていきます