ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

河田外科形成外科TOP > 診療内容 > 美容注射・点滴 > 血液クレンジング

血液クレンジング

日本酸化療法研究会に所属し、最新の情報を基に治療を行っています。

血液クレンジングとは

血液クレンジングとは

オゾンで活性化させた100~150ccの自分の血液を用いて体の持つ様々な作用を引き出す点滴治療です。

ヨーロッパ諸国 ではすでに確立された治療法として、アンチエイジング、動脈硬化治療、関節痛、筋肉痛、皮膚疾患治療など様々な分野に応用されています。 ドイツでは、1万人以上の医師によって治療に用いられ保険適用にもなっています。

オゾンがどのように働くのか

オゾンがどのように働くのか

オゾンとは、酸素の一種で3つの酸素原子からできています。オゾンは血中の物質と反応をおこし、オゾン誘導化学種と酸素に変わります。 その酸化力を応用して、ヨーロッパでは医療への有効活用が実証され、医療、介護、食品、酪農を主とする農業などの分野で広く使用されています。

実際に血液に適切な量のオゾンを加えると、オゾンに反応した血液が一瞬で鮮やかな赤色に変わります。(瓶の中では、外からはわかりづらいかもしれません。)
この血液の酸化反応は血液にダメージを起こすことなく適切な刺激(酸化ストレス)を与えます。こうして活性化した血液が体に戻ることで全身の血液が反応して生じる新たな抗酸化作用が様々な効果を生み出します。

血液クレンジングの効果

  1. 肩こり、筋肉痛、関節痛(リウマチ、五十肩)
    乳酸などの疲労物質を減少させ組織のダメージの回復を助けます。
  2. 冷え性、むくみ、静脈瘤
    末梢血管の循環を改善し、手足の血液の流れを改善します。
  3. 動脈硬化、高血圧
    動脈硬化の原因となる活性酸素による血管の細胞障害を押さえます。
  4. 花粉症、アトピーなどのアレルギー症状
    アレルギーによって増加した活性酸素によって生じる症状を改善します。
  5. 抵抗力、免疫力アップ
    インターフェロンの産生を促して免疫機能を活性化させ、病気に対する抵抗力を上げます。
  6. 更年期症状、全身倦怠感または全身疲労
    全身の血行が改善して種々の更年期症状や慢性の疲労が緩和します。
  7. アンチエイジング
    抗酸化力を高めて細胞の老化と生活習慣病を防ぎます。

安全性は

安全性は

オゾン自体は強い酸化力をもっていますが、血液に適切な量のオゾンを加えても血液自体にダメージが生じることはありません。
オゾンは点滴ボトル(1回1回の使い捨てです)の血液に無菌的に入り、直接患者さんに触れることはなく安全性に問題ありません。
オゾンがそのまま体に作用するのではなく、オゾンと反応して活性化した血液が体内に良い効果をもたらすのです。

外部からの感染の心配は全くありません

アレルギーの心配は

自分の血液ですので、基本的にアレルギーの心配はありません。

治療の流れ

1. ベッドで100~150mlの血液を採血します。(針はそのままで、返血します)
2. オゾン発生器で作成したオゾンを採血した血液に加えます。 この時、静脈血が鮮やかな赤色に変わります。

採血

採血

オゾン発生器

オゾン発生器

3. オゾンで活性化された血液をそのまま点滴で戻します。約20分程度で血液が体内に戻りますので、その間、ゆっくりベッドで お休み下さい。

4. 点滴を抜いて終了です。

注意点

  • 脱水状態ではできません。前後1日は十分水分をとって下さい。
  • クレンジング当日運動はさけて下さい。
  • 飲酒・抗酸化サプリの大量摂取をさけて下さい。
  • 抗酸化サプリメントについては、治療を続けている間は中止して下さい。

治療効果は、早い方の場合点滴中から体がポカポカした温まる感じを実感していただけます。
手足の先に血液が循環している感じがあり、視界が明るくなります。
治療回数は、1回でも何らかの効果を認めますが、個人差があり、1回の治療で実感できない事もあります。
持続的な効果を維持するためには、3~4週間に一度の治療をお薦めします。ウイルス 疾患などの具体的な疾病の治療の場合は週に1~2度の治療をします。

※完全予約制 (初回カウンセリング後、予約になります)

治療料金(税別) 1回 \20,000
6回コース \100,000

※価格は全て税抜き

禁忌

  • 甲状腺機能亢進症でコントロールがついてない方
    血液クレンジングによってさらに甲状腺ホルモンが刺激され、 急激な低血圧など引き起こしてしまう可能性が あるため。
  • G6PD欠損症の方
    酸化ストレスに弱く、血流クレンジングによって容易に赤血球が壊されてしまうため
  • 出血中、出血傾向の方(血小板減少症、消化管出血など)
  • 急性心筋梗塞、脳梗塞の急性期
  • 妊婦