ED・包茎

 + ED
 +
 ED投薬治療
  ED-MAX
 + 包茎

  ピアス

青いあざとは

皮膚のメラニン色素が深い層(真皮)にあるため青く見える母斑です。

種類

太田母斑(おおたぼはん)

顔の三叉神経という神経の周囲に出てくる青あざです。
ほとんどが生まれつきですが成人になって出てくるタイプもあります。
自然には消えることはありません。Qスイッチレーザー治療の適応で、数回の治療でほぼ完治できます。

異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)

赤ちゃんのお尻にある蒙古斑が体に出ている青あざです。
ほとんど生まれつきからあり2~3歳頃までに徐々に薄くなりますが、成人になっても残るものもあります。
Qスイッチレーザー治療の適応で、3回程度照射して薄くします。

遅発性太田母斑様色素斑(ちはつせいおおたぼはんようしきそはん)

両側の頬の斑点状のあざです。
20歳前後から出てくることが多く肝斑と間違えやすい色素斑で自然には消えません。
Qスイッチレーザー治療の適応で、3回程度でほぼ完治します。

治療

当院で使用するレーザー

Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザー

治療の流れ

診察

外来診察の予約は不要です。

治療

小さいものは外来ですぐ治療することもできます。
大きなものや麻酔の必要なものは予約をしていただきます。

治療回数
3~5回程度
効果
治療後数ヶ月かけて徐々に現れる
確実に薄くできる
まれに再発することもある
痛み
強くゴムではじいたような痛み
麻酔
麻酔クリームを使用することあり
ダウンタイム
治療当日は赤くなり軽く腫れる
治療後1週間程度で薄い皮が剥がれる
治療部の洗顔、入浴など
翌日から
保険
Qスイッチルビーレーザー:適用(5回まで)
Qスイッチヤグレーザー :適応外(回数制限なし)
ピコレーザー           :適応外(回数制限なし)